最終更新日: 2021/1/12
経済学史研究会

 

次回の例会

お問い合わせ

当研究会について

過去の例会
 (1982年1月~現在)

 

第253回例会のご案内

日 時: 2021年4月17日(土)午後1:30より
開催方法: Zoomによるオンライン開催
(当初予定していた対面式(オンラインとの併用)はコロナ禍のため断念しました)

            Ⅰ(13:30-15:15)
            評 者
: 北田了介(関西大学(非常勤))
            対象本:門亜樹子『啓発された自己愛――啓蒙主義とバルベラックの道徳思想』
            京都大学学術出版会、2019年(名古屋大学水田賞受賞作)
            リプライヤー: 門亜樹子(京都大学(ジュニアリサーチャー))

            II (15:30-17:15)
            評 者
: 篠原久(関西学院大学(名誉))
            対象本:J.ロバートソン(林直樹・野原慎司訳)『啓蒙とはなにか――忘却された
            〈光〉の哲学』白水社、2019年
            リプライヤー: 林直樹(尾道市立大学)・野原慎司(東京大学)


            ・出席を希望される方は、4月13日(火)までに事務局(山本)までメールでご連絡
            ください。 アドレスはkgshet(at mark)tetsushi-harada.com です。
            その後、4月15日(木)または4月16日(金)に、発信アドレス宛にZoomのURLをお送り
            します。当日の万が一のアクシデントに備え、例会中に通話できるお電話番号も頂け
            れば幸いです(任意)。
            ・コロナ禍に鑑み、例会後の懇親会は中止いたします。



            なお、第254回例会は2021年7月3日(土)の予定です。