I. 学 歴

  • (1973-76): 大阪府立三島高等学校
  • (1976-80): 福島大学経済学部経済学科(経済学士となる)
  • (1980-82): 名古屋大学大学院経済学研究科博士前期課程(経済学修士となる)
  • (1982-88): 同 博士後期課程
  • (1983-87): ドイツ・フライブルク大学大学院経済学研究科博士後期課程(経済学博士となる)、その間に、文部省奨学生(1983-84)、ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州政府文部科学省奨学生(1985-87)

II. 職 歴

a. 専任教員
  • (1988-92): 四日市大学経済学部専任講師
  • (1992-97): 同 助教授
  • (1997-2010): 同 教授、その間に、経済学科長(2002-06)
    (担当講義科目: 社会思想史、経済思想史、現代社会思想、比較文化論)
  • (2010-現在): 関西学院大学経済学部・大学院経済学研究科教授
    (担当講義科目: 文化と社会の経済学、社会思想史、経済哲学)
b. 非常勤講師
  • (1993-98): 日本福祉大学
    (担当講義科目: 比較社会史、外国史)
  • (1996-98): 鈴鹿国際大学
    (担当講義科目: ドイツ文化論)
  • (1997-98, 2000-01): 南山大学
    (担当講義科目: 経済思想史)
  • (2001-02, 2004-05): 愛知大学
    (担当講義科目: 近代経済思想史)
  • (2011, 2017): 京都大学
    (担当講義科目: 社会思想史、経済哲学)
c. 客員教授・客員研究員
  • (1994): ドイツ・ホーエンハイム大学およびドイツ・フライブルク大学(ドイツ学術交流会による)
  • (1996-2002): 南山大学社会倫理研究所(非常勤研究員)
  • (2006): ドイツ・フランクフルト大学(同 国際学術連携促進財団から補助)
  • (2016-17): ドイツ・フンボルト大学(関西学院大学学院留学)

III. 所属学会

  • (1981-現在): 社会思想史学会、その間に、幹事(2004-13、うち2008-10常任幹事)、大会開催校責任者(2013)
  • (1988-現在): 経済学史学会、その間に、関西部会幹事長(2001-02)、全国幹事(2003-09, 2011-17)、全国監事(2021-2023)
  • (1989-現在): ドイツ・社会政策学会 Verein für Socialpolitik、その間に、同 経済学史委員会 Ausschuss für die Geschichte der Wirtschaftswissenschaften 委員(2006-現在)
  • (1997-2007): ヨーロッパ経済思想史学会 European Society for the History of Economic Thought
  • (1998-現在): 日本シェリング協会、その間に、役員(2006-08)、理事(2008-12)
  • (2001-現在): 進化経済学会
  • (2003-現在): アダム・スミスの会
  • (2008-現在): 日本ヘーゲル学会
  • その他、経済学史研究会 KG Society for the History of Economic Thought 世話人(2013-現在)

IV. 社会的活動

  • (2005, 2008-09): 桑名市指定管理者選定委員会委員長
  • (2005): 連続講演シリーズ「ドイツの社会と経済およびその思想――過去から現在へ」を組織(桑名市教育委員会主催)

=以上=